歯周病治療 | 松阪駅前のやまゆり歯科 | 歯科・小児歯科

松阪駅前のやまゆり歯科
当日のご予約も承ります0598-25-1230 facebookinstagram

やまゆり歯科

お電話
メニュー

歯周病治療

患者さまの状況に応じて一人ひとりに適した治療を行っていきます

やまゆり歯科では、実際に治療を始める前に
歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因・進行具合は人それぞれ異なりますので、
患者さま一人ひとりに適した治療を考え、ご提案いたします。

歯を失う原因第1位の「歯周病」とは

歯周病とは、歯肉炎・歯周炎の総称で、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまり(歯周病菌)によって、歯ぐきが炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。
日本では成人の半数以上が歯周病であると言われ、誰もがかかる可能性のある身近な病気です。

歯周病は痛みなどの自覚症状がなく進行するため、気づいた時には重症化しているということも少なくありません。細菌感染によって歯の周りの組織が破壊され、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう怖い病気なので、早期発見、治療を心がけましょう。

歯周病


歯周病のセルフチェック
(思いあたる症状・習慣をチェックしましょう)

  • 歯磨きをすると、歯ぐきから出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきに赤く腫れた部分がある
  • 歯と歯の間に食べ物がつまりやすい
  • 歯が長くなったような気がする
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • 歯肉がむずがゆい、痛い
  • 冷たいものや熱いものがしみる

check

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。
歯周病は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。


歯周病と全身の関わり

歯周病と全身の関わり!

むし歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため、発見が遅れがちです。
一度進行してしまうと痛みがなくなっても自然に治ることはありません。むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。早期発見・早期治療に取り組めば、それだけ歯を長持ちさせることができます。
家庭での毎日のケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、むし歯になるリスクを減らし、いつまでも健康な歯を守りましょう。


歯周病が影響を及ぼすと
いわれる主な疾患

  • 脳梗塞
  • 心内膜炎
  • 誤嚥性肺炎
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 低体重児出産・早産
  • 骨粗鬆症


歯周病の予防方法

歯周病の一番の予防は、細菌のすみかである歯垢(プラーク)をきちんと取り除くことにあります。家庭での毎日のケア(歯磨き・フロス)が大切です。
ただし、患者さま自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでは口の中の細菌を完全になくすことは難しいため、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることも重要です。

歯周病の予防方法


page-top