リラックス外来 | 松阪駅前のやまゆり歯科 | 歯科・小児歯科

松阪駅前のやまゆり歯科
当日のご予約も承ります0598-25-1230 facebookinstagram

やまゆり歯科

お電話
メニュー

リラックス外来

リラックス外来とは

歯科治療に対して恐怖心のある方、全身疾患のある方、えずきやすい方などに対して、
笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法などを使用することにより、
安心して治療を受けていただくことができます。


「怖い、痛い、辛い」からさようなら

歯科麻酔認定医による笑気吸入鎮静法という麻酔を導入しております。

鼻に小さなマスクを乗せて、ほんのり甘い香りのする気体を吸い込む方法です。吸入中は歯を削る不快な振動や注射の痛みもあまり気にならなくなり、ゆったりした楽な気分で治療を受けて頂くことができます。吸入を止めれば、すぐに元の状態に戻るので安心です。

「怖い、痛い、辛い」からさようなら


よくあるご質問

Q&A 笑気吸入鎮静法について
Q&A 静脈内鎮静法について

笑気吸入鎮静法について

笑気吸入鎮静法とは?

笑気吸入鎮静法は、治療前の不安感や恐怖心を和らげる効果のある方法です。また嘔吐反射(えずく)が和らぎ、楽に歯科治療が受けられます。意識を失うことはなく、身体の末端から暖かく感じ、リラックスした状態で、治療を受けることができます。痛みを感じにくくなり、時間感覚が鈍くなるためにあっというまに治療が終わったように感じることもあります。鎮痛(=痛みを取る)効果は少なく、局所麻酔(浸潤麻酔)と併用して治療を進めます。

笑気の安全性は大丈夫ですか?

笑気は体内に蓄積したり、中毒になったりするようなことはありません。笑気自体に臭いはありません。歯科では長年使用されており安全性において問題ありません。

笑気吸入鎮静法は健康保険の適応になりますか?

笑気吸入鎮静法は、保険診療が適用可能です。ただし歯の治療が保険外(自費)治療の場合は、笑気吸入鎮静法も保険外治療扱いになります。

笑気吸入鎮静法はどのように行われますか?

来院後、体調の確認し、問題がなければ歯科チェア上にて笑気用マスクを鼻につけます。笑気を吸入しリラックスできてきたら、歯科治療を始めます。歯科治療が終了後、すみやかに治療前の意識に戻ります。回復は早いため、自家用車での帰宅も問題ありません。

静脈内鎮静法について

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法は、血管(静脈)に精神安定剤を点滴し、眠っているような状態で治療を進めていきます。消化器の内視鏡検査の時によく使われる方法と同じです。治療中はモニターを使用し全身状態を常に監視します。眠っていただいている間に治療が終わり、健忘効果(記憶がない)があるため治療中の不快な記憶がほとんど残りません。また、笑気と同様に痛みを感じにくくなりますが、鎮痛(=痛みを取る)効果はないので、局所麻酔(浸潤麻酔)と併用して治療を進めます。
やまゆり歯科では、鎮静法について専門にトレーニングを受けた歯科麻酔学会認定医が鎮静法を担当しますので安心して治療をうけることができます。

静脈内鎮静法は健康保険の適応ですか?

静脈内鎮静法は、基本的に保険適用です。笑気と同様に、歯の治療が保険外(自費)治療の場合は、静脈内鎮静法も保険外治療扱いになります。また使用する薬剤によっては自費治療になることがあります。

静脈内鎮静法はどのように行われますか?

治療の3時間前から絶食・絶飲が必要です。来院後、体調確認しモニターをつけ、点滴をとって鎮静薬を投与します。治療後身体の状態を確認し、回復していればモニターと点滴を外し休憩します。休憩後ふらつきがなければ帰宅できます。当日治療後は、車やバイク、自転車の運転は控えていただきます。

静脈内鎮静法にはどのような特徴がありますか?

  • 眠たくなりますが呼びかけには反応があるような状態です
  • 健忘効果があるので、治療中の記憶がほとんど残りません
  • 不安感やストレスが和らぎます
  • 嘔吐反射(えずき)を和らげます
  • 痛みを感じにくくなります
  • 時間の経過が気にならなくなります
  • 回復までに少し時間がかかりますので、通常の状態に戻るまで医院でお休みいただきます

笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法は何が違いますか?
またどちらを選んで使用していますか?

静脈内鎮静法は点滴が必要になります。笑気は点滴が必要ありません。笑気には食事の制限や治療後の運転の制限がなく受け入れやすいと思われますので、最初に笑気を選択することが多いです。ただし笑気は効果に個人差があり、また体内に閉鎖腔がある方には使用できないため、笑気を使用できない方もしくは効果の少ない方には静脈内鎮静法を使用します。


page-top